投稿記事

投稿日
--年--月--日--曜日 |
カテゴリ
スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

※管理者にのみ公開されます
※管理者にのみ公開する場合チェック

投稿日
2009年01月18日日曜日 |
カテゴリ
SDアッシマー(ビームライフル) |
コメント数
コメント(0)

セロリです。SDアッシマーのがおよそ完成しましたので、次は腰の制作を担当します。

しかし、機体のバランスを考えると、先にビームライフルについて考察する必要を感じます。

ますはじめに、腰の制作はと同様、芯をスクラッチして旧キットのパーツを被せる予定ですが、ビームライフルとの接続方法を先に決定しないと、芯の制作に取りかかれないことが判明。

次に、ビームライフルについて考察します。まずは大きさですが、これはMA形態におけるバランスを考慮すると、旧キットのものを短縮するのが良いと考えます。

変形機構を再現するには、HGUCのビームライフルのギミックを移植する必要があります。MA形態でディスプレイするためには、ビームライフルをスタンドに対応させる必要があります。

グリップの収納も必要になります。

反対側には、腰にマウントするための突起がついております。しかし、この突起は旧キットのビームライフルに移植するには少々縦長のように思えます。

とはいえ、これらのギミックを移植できる公算はあると見ております。

コメント

コメントの投稿

※管理者にのみ公開されます
※管理者にのみ公開する場合チェック

ページ移動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。