投稿記事

投稿日
--年--月--日--曜日 |
カテゴリ
スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

※管理者にのみ公開されます
※管理者にのみ公開する場合チェック

投稿日
2008年09月23日火曜日 |
カテゴリ
その他のレビュー(SD) |
コメント数
コメント(0)

セロリです。今回は、SD体型における「脚」について考察してみました。

先日、BB戦士三国伝[別窓]の新商品「張遼ゲルググ」を購入しました。

これを仮組みしました。先の「呂蒙ディジェ」と同様脚にボリュームがあり、私的に好みの体型です。

では、キットの比較を行います。 まずは、SEED系キットより「ブレイズザクファントム」です。この頃よりSDキットにも脛パーツが導入され、従来のキットよりもポージングの幅が広がりましたが、私的には少々脚部が貧弱に思えます。

次に、BB戦士三国伝[別窓]より「司馬懿サザビー」です。SEED系キットよりも脛パーツが大きくなってはいるものの、BB戦士三国伝[別窓]シリーズにおいては初期のアイテムであり、まだまだSEED系キットのバランスを色濃く残しております。私的には、サザビーとしてはやはりボリューム不足に思えます。

私的に好みなのは、BB戦士三国伝[別窓]の「呂蒙ディジェ」。脛パーツにボリュームがあり、非常に力強い印象を受けます。

そして、先日購入した「張遼ゲルググ」。「呂蒙ディジェ」には及ばないものの、比較的どっしりとしているように思います。

では、可動範囲はどうでしょうか? 「ブレイズザクファントム」は、驚くほどの足首の可動範囲を誇ります。流石はSEED系キットですね。「司馬懿サザビー」の足首は、「ブレイズザクファントム」には及ばないものの、それでも充分に可動します。

呂蒙ディジェ」の足首は、意外にも「司馬懿サザビー」に近い可動範囲を誇ります。「張遼ゲルググ」は足先が大きいからか、「呂蒙ディジェ」よりは若干可動範囲が狭くなっております。ボールジョイントを若干引き抜くことで、「呂蒙ディジェ」並に可動出来るようにはなるのですが。

司馬懿サザビー」の脚部の貧弱さを解消すべく、「呂蒙ディジェ」の脚を移植してみました。胴の細さが気になるものの、私的には好みのバランスに近づきました。

逆に、「呂蒙ディジェ」に「司馬懿サザビー」の脚を移植すると… こ、これはアカンわ(笑)

セロリの個人的な感想としては、「呂蒙ディジェ」の脚は非常によく出来ているように思います。

しかし、素体としての使い勝手を考慮すると、「呂蒙ディジェ」の脚がベースとして使えそうな機体が「ディアス系」「ヤクトドーガ」くらいなのに対し、「張遼ゲルググ」の脚は「ゲルググ系」だけでなく「ドム系」「マラサイ」「ザク3」等幅広く使えそうで、こちらも非常に価値があると思います。

コメント

コメントの投稿

※管理者にのみ公開されます
※管理者にのみ公開する場合チェック

ページ移動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。