投稿記事

投稿日
--年--月--日--曜日 |
カテゴリ
スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

※管理者にのみ公開されます
※管理者にのみ公開する場合チェック

投稿日
2008年09月07日日曜日 |
カテゴリ
SDアッシマー() |
コメント数
コメント(0)

胴担当のセロリです。今回は、SDアッシマーの胴とバックパックを接続するアームに関する考察です。

先日、胴とバックパックを接続するアームを制作しましたが、可動のためのクリアランスの確保に気を取られ、変形時に胴とバックパックの間に隙間が生じてしまうことが発覚してしまいました。

この解決策を練っていたのですが、ふと目にしたHCM Proアッシマーを手に取ると、背中とバックパックは同一平面上にないことがわかりました。

これを利用して、アームの取り付け部に段差を設け、隙間を狭めることとします。残る隙間は、後にプラ板で調整する予定です。

コメント

コメントの投稿

※管理者にのみ公開されます
※管理者にのみ公開する場合チェック

ページ移動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。